素敵なコトバ/言葉のチカラ

心に響く『素敵な言葉』/生きる勇気を与えてくれる『言葉のチカラ』『成功する為のヒント』になる気づきの言葉、強く生きていく為の言葉・・・そんな言葉をお届け致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しいときは泣いて喜べ・・悔しい時は泣いて悔しがれ・・涙が出るうちだけが人間なんだ

☆『人間の心』は感動するように出来ている

『感動』がないと人間の心は日々萎びていく…


☆『今こそ出発点』
  人生とは毎日が訓練である
 『今ここで頑張らず、いつ頑張る!』


☆『スプーン一杯の幸せに感謝する心』



ー尾関宗園ー

自分が一番、影響を受けた人物の言葉です。


京都の大徳寺、大仙院と言うお寺の僧侶で、沢山の著書を出版しています。


中学三年生の修学旅行で、京都の大徳寺、大仙院に行き、そこで説法を聞きました。


その時は、『テレビに出ていた少し有名なお坊さん』、説法の中でも当時流行していた歌謡曲を引用して、『君の瞳は10000ボルト』、『私の頭は100ワット』と言って、笑わせていた、ノリの良いお坊さんくらいに思っていました。

修学旅行の思い出に本人が出版した『本』を買うと、もれなく尾関宗園さんが、その場で購入者の名前を入れてサインをしてくれると言うので、ノリで買いました。


その後、その本は開かれる事はなく、読まれる事もなく、時は過ぎ…


高校1年の終わり、ご多分に漏れず、所謂『高校デビュー』をした自分。


入った高校が殆ど男子校。(女子は10人ぐらい)
学校へは、惰性で行っていました。

自分が振り分けられた男子クラスでは、3割が『ツッパリ』と言う、リーゼントや、『ボンタン』の『ビーバップハイスクール』のような状態。

ケンカの話、女の話、バイクの話、誰かが停学になった話…

話す内容はそのくらいで、尾崎豊の『15の夜』、『卒業』の歌詞そのものでした。

学校の帰りにゲームセンターで、ゲームのハイスコアーを競いあったり、色んな銘柄の煙草をまわして吸って、むせてみたり…


自分も髪の毛を茶色にして…
ズボンは太くなり…
酒に煙草を覚え…
夜な夜な新宿や六本木のディスコに通うようになり…原付バイクに跨がって、友達の家にタムロするようになりました。

学校へ行くのが嫌になり、親に干渉されるのも嫌になり、ある日『学校を辞めたい!!家を出て一人で暮らししたい!働きたい!!』と言った事がありました。

勿論、大反対、お袋は泣き出し、親父には、『お前を学校に入れるのに100万円かかったんだ!!学校辞めるんなら今ここに100万円置いて、返して出て行け!』
と言われて、大喧嘩しました。

言っている事は解るのですが、当時の血気盛んな自分には憎たらしく、また、自分の非力さに、悔しくて仕方ありませんでした。

何処かに行きたいけれど金もない。

何かをしたいけれど、何をしてよいのか解らない。

友達の家に行くには遅すぎる。

仕方なく部屋に籠り、アルバイト誌を見ながら、酒を飲み、煙草を吸って気持ちを紛らわしていました。

『何か』に『情熱』を傾けたい…。

でも『何か』が解らない。
無性に暴れたくなる。

『自由になりたい!』

心の中で叫んでました。

そんな時に…

目の前にあった一冊の本が目に止まりました。

『一体心』『尾関宗園』

修学旅行で買って来た、一冊の本でした。

パラパラめくると…

『幸せですか』

の文字が目に留まる。

『スプーン一杯の小さな幸せに感謝する心』


『嬉しい時は泣いて喜べ』『悔しい時は泣いて悔しがれ』
『涙が出るうちだけが人間だ!』


『悟るとは人と人の間の差を取ると言う事』

『今ここで頑張らず、いつ頑張る!』

『はいと言う素直な心』
読み進んでいくうちに、自分の中の心に溜まっていたモヤモヤしたものが、霧がはれるように無くなっていくのを感じた。


何故か熱いものが頬を伝わった。


どんなに『俗』に染まった所で本当の自分にはなれはしない。

格好悪くてもいい。

自分の『好きな事』、『やりたいこと』、『得意な事』をもっともっと、やらなければ命がもったいない。
前向きに楽しく、そして感謝して生きよう…

そう思いはじめました。




その数週間後…

一通の手紙が届きました。

『株式会社ジャニーズ事務所』
『ヨッチャンバンド、オーディションのお知らせ』

とあった。


1ヶ月後・・ジャニーズジュニアになった。


自分が変われば・・・・

心が変われば・・・・

色んな『運』を引き寄せる


そう思います。

不動心―精神的スタミナをつくる本 (トクマブックス 112)不動心―精神的スタミナをつくる本 (トクマブックス 112)
(1972/11)
尾関 宗園

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://genkikenko.blog68.fc2.com/tb.php/87-70fb37bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


リンククラブ

FC2Ad